簡単なリフォームと難しいリフォーム

東急ホームズで住まい再生

簡単なリフォームと難しいリフォーム

リフォームと一口に言っても簡単なものから難しいものまで実に様々。ここではそんなリフォームの難易度について簡単に解説してみましょう。

簡単なリフォームと言えば壁紙を張り替えたり、ドアを交換したり、簡単な棚を増やしたりと言ったところでしょう。こういったリフォームであれば最短1日で完了することもあり、フルリフォームのような料金がかかることもありません。

微妙なところですが、トイレや浴槽のリフォームもそんなに大規模にはならず、こちらも早ければ1日で終わるでしょう。ただ、浴槽やトイレだけでなく、個室全体をリフォームするという場合は、それなりに規模が大きくなります。

これらに対して難しいリフォームと言えば、やはり家の内装をガラっと変えてしまうようなものでしょう。たとえば部屋の配置を変えてしまったり、柱を耐震構造にしたり、こういったリフォームは全てでは無いものの取り壊しをしなければ出来ないので難しいリフォームにあたります。

予算も簡単なリフォームに比べて多くかかりますが、完成した際の感動はひとしおです。まるで建て替えたかのような内装が待っていることでしょう。ちなみに、こういった大規模なリフォームのことをリノベーションということもあります。

難しいリフォームについては簡単なものに比べて、当たり前ですが技術や経験が必要となり、業者選びに慎重になる必要があるでしょう。 自分のしたいリフォームは簡単なのか難しいのか、よく考えてからリフォームに臨んでみてください。