新築とリフォーム

東急ホームズで住まい再生

新築工事よりリフォーム工事の方が難しい?

新築とリフォーム。何となく比べてみるとリフォームのほうが簡単そうに見えますよね。しかし、実は新築よりもリフォームのほうが難しかったりするんです。

そもそも新築であれば何もない土地が用意されており、そこに設計図通りに作るだけ。設計図通りに進まないといったトラブルなどが起きる心配もほとんどありません。これに対してリフォームはといえば、既に基礎がボロボロになっていたり、柱が曲がっていたり、そもそも家が傾いていたり、実に様々なケースの家があり、それらに随時対応していけなければならないのです。

リフォームでは設計士が作った設計図通りに進まないことも多々あり、そのたびに現場に呼びだされることになって、そこで急遽図面の修正が行われます。場合によっては一部を壊さなければ工事が進まないこともあるわけですが、この際も非常に繊細な技術が必要になるでしょう。何故なら建てなおしのように全てを壊すのではなく、必要な部分を残して壊さなければならないからです。

このことから、リフォームは新築に比べて技術が豊富でなければ出来ません。しかも家のことを知りつくしている必要もあるので経験も必要になります。 実際に大工さんに聞いてみると十中八九、リフォームのほうが難しいと答えるようです。

これだけ大変なリフォームを任せるのですから業者選びは非常に大切。出来るだけ住まいに関する実績や経験が長く、ノウハウも技術も持っている業者を選ぶようにしましょう。