リフォームするには、住まいの現状を知る

東急ホームズで住まい再生

「リフォームしたい!」まずは住まいの現状を知ろう

リフォームをする際に重要となるのが、住まいの現状を知るということ。これを確認しておかなければリフォーム後に後悔することとなるでしょう。

まず確認しておきたいのが現状への不満についてです。いかに気に入っている住まいとはいえ、長年住んでいれば浴室が狭い、キッチンが使いにくい、といった不満も出てくることでしょう。これをきちんと確認しておけばリフォームでの改善ポイントも明確になり、自分の使いやすい住まいを手に入れることができます。

また、不満だけでなく老朽化についても調べておくといいでしょう。たとえば壁紙が剥がれている部分はないか、塗装にヒビは入っていないかなど、リフォームをするなら老朽化も確認して修繕しておきたいところです。 水道管の中など目に届かない部分が老朽化していることも多いので、その際は同時にリフォームを頼みましょう。 これらと同時に住まいを良くするポイントも確認しておくと、より良いリフォームが実現できます。耐震性ということも日本では重要なので必須でしょう。

ちなみに、リフォームがしたいけど住まいの現状が把握できていないという人は、まずはプロに点検を頼んでみるといいと思います。プロに頼めば普段見えない部分まで細かく確認してくれ、どこをリフォームすればいいのか教えてくれるのです。

これらを踏まえて、住まいの現状で不満や不安に思うことが少しでもあれば随時それをメモしておくといいでしょう。そうすればリフォームの際に業者との相談がスムーズに進みます。